123サーバーはSSL化できる?SSL接続設定方法

wordpress画面




123サーバーと契約した目的

私は中古ドメインを使って自演リンクするためにIP分散サーバーである123サーバーと契約しています。

中古ドメインを買ってネームサーバーを変更したりして自演リンクの準備をしているうちに

「123サーバーってSSL化できるの?」

という疑問が湧いてきました。

SEO的に考えると、SSL化しないよりはした方が良いからです。

123サーバーには「国内IPアドレス分散プラン」と「海外IPアドレス分散プラン」という2種類の料金プランがあります。

私は安い方である海外IPアドレス分散プランと契約していたのですが、「海外IPアドレス分散プランはSSL化できるのか?」と不安になってきました。

そこで123サーバーのカスタマーサポートにメールでお問い合わせしてみました。

123サーバーの海外IPアドレス分散プランでもSSL化可能

123サーバーのSSL化

結論から言うと、123サーバーの海外IPアドレス分散プランでもSSL化可能です。

問い合わせする前は、国内IPアドレス分散プランしかSSL化ができないのでは?と思っていました。

「海外IPアドレス分散プランでSSL化できなかったら国内IPアドレス分散プランに乗り換えよう」

と考えていましたがその心配をする必要はなかったです。

123サーバーはSSLを自動接続してくれる

意外だったのが、123サーバーは自動的にSSL化してくれる点です。

他のサーバーと契約しているとSSL化で何かしら作業が必要だったのですが、123サーバーではその面倒な作業をする必要がないのです。

自動的にSSL化してくれるのはとてもありがたいですね。

SSL化が可能になるのはドメイン登録してから3日~7日程度だそうです。

ドメインを登録すると何もしなくてもSSLで接続できますか?

スポンサーリンク

弊社サーバーにドメインをご登録いただきますと自動的にSSLでの接続が可能となります。

ドメイン登録後、自動的にSSLの証明書発行および申請がおこなれ、許可完了後SSLでの接続ができるようになります。

このため、ドメイン登録後、通常は3日から7日程度でSSLでの接続が可能となります。

123サーバー公式より引用

SSL化した後にやるべきこと

wordpressの設定変更

wordpressでSSL設定画像

wordpressでの設定変更は簡単です。

wordpressのホーム画面から「設定」を選択します。

次に、URLをhttpからhttpsに変更するだけです。

私の場合は灰色になっていて変更できませんが、最初は普通に入力できるはずです。

もし灰色で入力できない場合は、編集できる状態に戻す必要があります。

参考なりそうなサイトがありましたのでリンクを貼っておきます。

WordPress一般設定/サイトURLが灰色になっているのを元に戻す手順

.htaccessファイルを編集する

せっかくhttpsにしたのに、httpでアクセスできたら勿体無いですよね。

ですのでhttpでアクセスしてもhttpsへ自動的にリダイレクトすることをおすすめします。

つまり、http://yoshiosakai.comでアクセスしてもhttps://yoshiosakai.comが表示されるようにするということです。

具体的な方法はhttpからhttpsへ301リダイレクトさせるための.htaccessファイル編集方法をご覧ください。

123サーバーでのSSL化まとめ

123サーバーは他のサーバーよりもSSL化の手続きが少ないので楽です。

自演リンクを考えている人で「IP分散サーバーをどうしようか?」迷ってる人は123サーバーをおすすめします。

wordpressもボタン一つでインストールできますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です