お金持ちの特徴|本を20冊読んで分かったこと

この記事はこんな人に向けて書いています

  • お金持ちになりたい人
  • お金持ちの実態に興味がある人

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

私は以前からお金持ちに興味があって、お金持ちに関する本をたくさん読み漁っていた経験があります。

本をたくさん読んでいく過程でお金持ちの特徴がだんだんと分かってきました。

ところで、あなたはお金持ちと貧乏人の違いは何だと思いますか?

実は、ただお金を持っているか持っていないかの違いだけじゃないんですね。

お金は結果にすぎないのです。

それは考え方と習慣です。

考え方や習慣が「お金持ちor貧乏人」という結果を導くのです。

お金持ちになりたければ、お金持ちの考え方や習慣を身につける必要があるんですね。

「ではお金持ちの考え方や習慣はどんなものなのか?」

こう思われるかもしれません。

そこで私が、お金持ちの本を読む過程で分かったことを記事にまとめてみました。

早速紹介しようと思います。




お金持ちに共通する10の特徴

時間を大切にする

「時は金なり」と言われるように、お金持ちは時間を大切にします。

なぜなら時間があればそれだけ稼ぐことができるからです。

例えばお金持ちは、無料でドーナツを配っているお店の行列に1時間も並びません。

ドーナツの値段が100円だとすると、時給換算で時給100円と考えるからです。

またお金は失っても取り返すことはできますが、時間は失ったら二度と取り返すことはできません。

このような理由からお金持ちは時間をお金以上に大切にするのです。

テレビを見ない

お金持ちに共通している特徴として「テレビを見ない」ことが挙げられます。

テレビを見ることは時間を無駄にしていると考えるからです。

テレビは見たいコンテンツを視聴者がコントロールすることできないですよね。

もし情報収集するのであれば、携帯などのニュースアプリで事足ります。

またテレビは大勢の人たちが観ますから、そこから得られる情報に希少価値はありません。

以上の理由よりお金持ちはテレビを観ない傾向にあるのです。

投資をする

お金持ちはお金をさらに稼ぐためにお金を使います。

つまり積極的に投資をするのです。

貧乏人は一時的な感情のためにお金を使います。

そして貧乏人はお金を失うことをひどく恐れます。

リスクを取ることができないのです。

お金持ちはリスクをとってお金を稼ごうと投資します。

リスクを取ることができなければお金を大きく稼げないことをお金持ちは知っているのです。

目先の利益にとらわれない

お金持ちは目先の利益に捉われず、長い目で考えて行動します。

貧乏なサラリーマンを例にするとわかりやすいでしょう。

サラリーマンは目先の利益に捉われて、毎月手に入れる給料を大切にします。

サラリーマンは給料日になると喜ぶのです。

一方でお金持ちはどうでしょう。

お金持ちは、お金を稼ぐ仕組みを作ります。

最初は全くお金が手元に入ってきません。

しかしお金を稼ぐ仕組みを一度作ってしまえば、サラリーマンの給料よりはるかに多いお金を手にします。

このようにお金持ちは目先の利益にとらわれずに行動するのです。

決断が早い

お金持ちは決断も早いです。

なぜなら優柔不断であることは、その悩んでいる時間が無駄であると考えるからです。

AかBか迷っているが、実際はAもBもそんなに変わらないのです。

とりあえずAをやってみてそれから考える方がいいのです。

このようにお金持ちの即決力には目を見張るものがあります。

お金を稼ぐ仕組みをつくる

お金持ちはお金を稼ぐための仕組みを作ります。

一度お金を稼ぐ仕組みを作れば、今度はまた別でお金を稼ぐ仕組みを作ります。

こうやって仕組みをたくさん増やしていけば、何もしなくても勝手にお金がいろいろなところから入ってくるのです。

お金持ちはお金や資産を働かせます。

一方でサラリーマンは自分が働きます。

この理由からサラリーマンでいる限りお金持ちになることはできないのです。

悪口を言わない

お金持ちは他人の悪口や噂話をしません。

それには2つの理由があります。

1つめは信用を失うからです。

ビジネスを行う上で、お金を払うかどうか決めるのは人です。

ですからその人からの信用を失えば、お金が自分の手元に入ってこないことをお金持ちは分かっているのです。

2つ目は、時間の無駄であるからです。

他人の悪口や噂話はなにも生み出しません。

その上、時間がただ過ぎ去っていきます。

こういった理由からお金持ちは他人の悪口や噂話をしないのです。

スポンサーリンク

倹約家

お金持ちは倹約家です。

よくテレビで紹介される金持ちは豪華な車や高級品などを見せびらかしますがこれは、ごく一部です。

なぜかというと、一度生活レベルを上げると、下げることが難しいからです。

生活レベルを上げるとその分コストも上がり、すぐにお金持ちではなくなってしまいます。

お金持ちで倹約家はウォーレン・バフェットが有名ですね。

健康に気を使う

お金持ちは健康に気を使います。

なぜなら一度病気になってしまうと働けなくなってしまいますし、入院代などでかえってお金がかかるからです。

そうならないために、お金持ちはカップラーメンやお菓子などを頻繁に口にするのを嫌います。

健康に良いものを積極的に摂取します。

これも投資の一つなのです。

また病気などで健康を損なうとお金を持っていても意味がないですからね。

複数の収入源がある

お金持ちは複数の収入源があります。

つまりお金を稼ぐ仕組みを複数持っているのです。

もし一つの収入源が途絶えたとしても他の収入源がそれを補ってくれるので、リスク分散にもなります。

一方でサラリーマンは収入源が一つしかありません。

もし病気で働けなくなったら、収入源は途絶え、すぐに貧乏になってしまいます。

このようにお金持ちはお金を稼ぐ仕組みを複数所有しているのです。

参考にした本

私がお金持ちに関する本を読んでいく中で「この本はとても参考になった!」と思った本がいくつかありました。

その本を紹介したいと思います。

金持ち父さん貧乏父さん

この本は金持ちな父さんと貧乏な父さんを比較し、両者の考え方の違いからお金持ちの特徴を学ぶことができる本です。

私は、この本を読んで、今までの常識が覆されました。

お金持ちの特徴を学べるだけでなく、考え方や習慣を見直すきっかけにもなって良かったです。

お金持ちの教科書

この本は、お金持ちがどういった人なのか?といったことを中心に書かれています。

お金持ちの実態だけでなく、考え方や、どうすればお金持ちになれるのか?といったことも言及しておりとても参考になりました。

お金持ちになるのは、どっち!?大富豪3000人から学んだお金のルール

この本は、「お金をおろすなら銀行とコンビニどっちですか?」とった感じで、問題形式でお金持ちの考え方を学ぶことができます。

問題形式なので、楽しく読み進めることができます。

今まで当たり前だと思っていた習慣を見直すきっかけになりました。

お金持ちが財布を開く前に必ずすること

この本はあるお題が出されて、それは消費か?投資か?とった問題形式でお金持ちの考え方を学ぶことができる本です。

お金を払う行動が消費であるのか?投資であるのか?を判断することでお金持ちの考え方が身につきます。

お金持ちの特徴まとめ

以上をまとめます。

お金持ちに共通する10の特徴

  • 時間を大切にする
  • テレビを見ない
  • 投資をする
  • 目先の利益にとらわれない
  • 決断が早い
  • お金を稼ぐ仕組みを作る
  • 悪口を言わない
  • 倹約家
  • 健康に気を使う
  • 複数の収入源がある

いかがでしたか?

今回はお金持ちになるための本を20冊読んで分かった「お金持ちに共通する10の特徴」について紹介しました。

もしあなたがお金持ちになりたいのであれば、これらの特徴を真似してみると良いでしょう。

そしてお金持ちを目指すのであれば資産運用という道を避けては通れません。

資産運用に関する記事は下記のリンクで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。
→よしおのtwitterをフォローする
スポンサーリンク