ベーシックインカムの7つの特徴とは?

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

あなたはベーシックインカムという言葉をご存知ですか?

「聞いたことはあるけど、よく分かってない」

こんな風に思ってるのではないでしょうか。

そこで今回はベーシックインカムの特徴についてご紹介します。




そもそもベーシックインカムとは?

ベーシックインカムの特徴を紹介する前に、

ベーシックインカムとは何かを説明しましょう。

ベーシックインカムとは、

「今の社会保障制度を撤廃する代わりに、全国民に無条件でお金を配布する仕組み」

です。

ベーシックインカムが注目されている背景として、

これから仕事がAIに置き換わること、

少子高齢化により今の社会保障制度を維持できない、

などが挙げられます。

実際に他の国では、実験的にベーシックインカムを導入しているところもあります。

このように世界的に見ればベーシックインカムを導入する流れになっているのです。

ベーシックインカムの特徴とは?

行政コストを削減できる

今の社会保障制度は複雑かつ種類が多いという特徴があります。

制度の種類が多くてほとんどの国民は把握しきれていません。

「受けることができたはずの手当を見逃していた。」

といったことが当然のようにあり得るのです。

ベーシックインカムを導入すると、今まで複雑だった社会保障制度がなくなり、公務員が削減されます。

削減したコストなどを、ベーシックインカムで支給するお金に回そうということです。

全国民に無条件でお金をばらまいた方がシンプルで効率が良いという考えですね。

少子化対策になる

ベーシックインカムを導入すると、毎月お金が入る安心感から子供が授かりやすくなります。

その上、産まれた0歳児の赤ちゃんにもベーシックインカムのお金が入ります。

子供を産んだ方がお得な制度になっているのです。

このことからベーシックインカムは少子化対策に有効であるという特徴があるのです。

ベーシックインカムが少子化対策になる理由は下記のリンクで見ることができます。

貧困を確実に救える

ベーシックインカムを導入することで貧困層を確実に救うことができます。

今の社会保障制度にある生活保護は貧困層を確実に救うことができません。

なぜなら、後ろめたさやプライドのせいで貧困層が生活保護を受けたがらないからです。

このような理由から

ベーシックインカムの特徴の一つに「貧困層を確実に救えること」が挙げられるのです。

つまらない仕事をする必要がなくなる

ベーシックインカムには「つまらない仕事をする必要がなくなる」という特徴が挙げられます。

多くの人は、生活のためにつまらない仕事を仕方なくしているのではないでしょうか?

ベーシックインカムが導入されれば、生活のための最低限のお金が毎月入ってきます。

そうすれば、つまらない仕事をやめて、賃金が低くても自分のやりたい仕事をすることができます。

このようにベーシックインカムは「自分の好きなことを仕事にすることができる」特徴があります。

起業が積極的にできるようになる

世の中のイメージとして、

スポンサーリンク

「起業で失敗すると食べていけなくなる」

というのがありました。

しかしベーシックインカムが導入されることで、毎月生活に最低限のお金が支給されます。

もし起業に失敗したとしても食べていくことができるのです。

こういった理由からベーシックインカムは起業リスクが低くすることができるという特徴があるのです。

起業リスクが低くなれば、起業に挑戦する人が増えるのではないでしょうか?

会社は従業員を解雇しやすくなる

今では会社が生活保障の役割をしています。

ですので会社は簡単に従業員を解雇することができないのです。

ベーシックインカムが導入されると、会社が生活保障の役割をしなくていいので、従業員を解雇しやすくなります。

会社が必要なくなった従業員を解雇することで、コスト削減になります。

そうすると、ビジネス展開がより素早くできるので会社側からするとメリットとなります。

ブラック企業が淘汰される

ベーシックインカムが導入されるとブラック企業が淘汰されます。

ブラック企業が生まれる原因として、従業員が会社しかコミュニティがない点が挙げられます。

会社以外に居場所がなければ、逃げることができません。

嫌な仕事をやめることができず消耗し続けます。

ベーシックインカムがあれば、会社をやめたとしても食べていけます。

ですので嫌な仕事があれば会社を辞めるという選択肢ができるのです。

このようにベーシックインカムはブラック企業を淘汰することができる特徴があります。

ベーシックインカムの特徴まとめ

ベーシックインカムの特徴を下記にまとめます。

  1. 行政コストを削減できる
  2. 少子化対策になる
  3. 貧困を確実に救える
  4. つまらない仕事をする必要がなくなる
  5. 起業が積極的にできるようになる
  6. 会社は従業員を解雇しやすくなる
  7. ブラック企業が淘汰される

いかかでしたか?

ベーシックインカムの特徴をお分りいただけたかと思います。

一方でベーシックインカムを導入する上でいくつかの課題があります。

財源の確保問題、働かなくなるのでは?問題などがそれにあたります。

詳しくは下のリンクをご覧ください。

私はベーシックインカムに賛成派の人間なので、早く日本にも導入してほしいと思っています。

参考になれば幸いです。

よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。

→よしおのtwitterをフォローする

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です