少子化問題は「ベーシックインカム」が解決する

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

あなたは日本の少子化がどれほど深刻かご存知ですか?

下の表をご覧ください。



THE PAGEより引用

この表は「国立社会保障・人口問題研究所」が将来、日本の子供の数の推移を予測したものです。

この表から

「2115年には日本の子供は現在の3分の1になる。」

ことが読み取れます。

どれだけ日本の少子化が進んでいるかお分りいただけたかと思います。




少子化になると何が問題なの?

少子化が進むと何が問題何でしょうね?

主に言われるのは下記の2点です。

  1. 日本の経済規模の縮小
  2. 少子高齢化で今の社会保障制度が維持できなくなる

それぞれ見ていきましょう。

日本の経済規模の縮小

少子化になると、当然労働人口の低下に繋がります。

そうなると、日本の経済規模が縮小するとよく言われます。

しかし、私は

「日本の経済規模の縮小してと何か問題あるの?」

と疑問に思うのです。

人口は減少し、サービスを提供する労働者が減れば、サービスを受ける側も人も減少する。

需要と供給がマッチすれば心配する必要はない。

日本の経済規模が縮小したって、個人の観点から見れば問題ないと思いますね。

少子高齢化で今の社会保障制度が維持できなくなる

今の社会保障制度は高度経済成長期に作られた制度です。

簡単に説明すると、

「若い人が払ってる年金を国に集めて、それを今の高齢者に払っている。」

というものです。

しかし、少子高齢化になるとどうでしょう。

若い人からたくさんお金を取らなければ、高齢者は食べていけませんよね?

このように少子高齢化が進むと、今の社会保障制度が維持することが難しくなっていくのです。

少子化の原因は?

なぜ日本はこんなに少子化が進んでいるんでしょう?

よく言われるのが下記の3点です。

スポンサーリンク

経済的理由で子供を授かるのをためらう

最近、日本の会社は残業厳しいですよね。

残業できないと収入が増えないので子供を授かるのをためらいます。

都市部だとただでさえ生活コストが高い上に、子供の養育費や教育費を考えたら当然ですよね。

下記は厚生労働省の出生動向基本調査の結果です。

結婚意思のある未婚者に、1年以内に結婚するとしたら何か障害となることがあるかをたずねたところ、男女とも最も多かったのが「結婚資金」(男性 43.3%、女性 41.9%)となりました。


buzzap!より引用

このことからも経済的理由が結婚を妨げていることが分かります。

女性の社会進出

昔は女性が会社で働いても昇進することが困難でした。

当時の女性は低収入で生活しなければないので、収入のある男性と結婚することが理にかなってました。

しかし、今の時代女性も昇進することができるのでバリバリ働くことができます。

今では、男性の収入に頼らなくても女性は一人で生きていけるようになったのです。

この背景から、女性の結婚率は下がり、少子化の原因の一つとなっています。

価値観の変化

昔は「一生独身のままだと恥である」価値観がありましたが、今はその価値観も薄れつつありますね。

少なくとも私は、40,50歳の人が結婚していないと聞いても全然驚きませんね。

このように昔と違って今の結婚に対する価値観が変わってきてるのです。

少子化問題はベーシックインカムが解決する

私は、この深刻な少子化問題をベーシックインカムが解決してくれると思っています。

そもそもベーシックインカムとは何か簡単にご説明します。

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカム(BI)とは、今の社会保障制度を撤廃して、全ての国民に「生活するのに最低限のお金」を毎月支給するものです。

年金、生活保護、事故や病気になった時の補助金など、国からの補助を全て無くします。

その代わり、老若男女、金持ち、貧乏問わず同じ額のお金を支払います。

詳しくは下記のリンクで詳しく説明しています。

BIを導入すると少子化問題は解決する?

完全に解決するのは難しいですが、少なからず効果はあります。

なぜならベーシックインカムは、結婚する上でもっとも足かせとなっている「経済的理由」を解決することができるからです。

ベーシックインカムは毎月一定額のお金が入ってきます。

(金額はどのくらいかは国の裁量次第です。私的には7万がちょうどいいかなと思ってます。)

例えば、赤ちゃんを2人産んだら、家族に毎月入ってくるお金が14万円増えるのです。

定期的にお金が入ってくるので、安心して子供を授かることができますね。

先ほど、私は、BIを導入すると少子化問題を完全に解決するのは難しいと言いました。

それはなぜかというと

「子供を授かるのには価値観の問題も含まれる。」

からです。

人それぞれの価値観に関しては仕方ありません。

しかしBIを導入することで少なからず、少子化問題が解決することがお分かりになっていただけたかと思います。

参考になれば幸いです。

[amazonjs asin=”4163906576″ locale=”JP” title=”隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働”]
よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。

→よしおのtwitterをフォローする

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です