ベーシックインカムは貧困層を救えるか?

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

あなたはベーシックインカムという言葉を聞いたことはありますか?

ベーシックインカムとは

「複雑な今の社会保障制度を撤廃して、国民全員に無条件でお金を支給する制度」

です。

このベーシックインカムは貧困層を確実に救うことが出来ると期待されています。

今回は、ベーシックインカムが貧困層を救うことができる理由をご紹介します。




ベーシックインカムが貧困層を救うことができる理由

後ろめたさで生活保護を受け取らない貧困層を救える

今の社会保障制度では救えない貧困層が少なからずいます。

それは後ろめたさやプライドから生活保護を受け取りたがらない貧困層です。

生活保護は自分から申請しないと当然受けられません。

受け取りたがらない人に、補助金を与えることが出来ないのです。

ベーシックインカムであれば、国民全員にお金を配布するので、貧困層もお金を受け取るのに後ろめたさがなくなります。

お金を受け取っても周りの目を気にする必要がないのです。

このようにベーシックインカムは生活保護を受け取りたがらない貧困層を救うことが出来るのです。

生活保護をぎりぎり受けることができないプチ貧困層を救える

今の社会保障制度では、

「生活保護制度の何らかの落とし穴でお金を受け取ることが出来ない貧困層」

「収入が生活保護の基準をギリギリ上回って手当金を受け取ることが出来ない貧困層」

「そもそも生活保護という制度があることを知らない貧困層」

などがいます。

こういった人たちにこそお金を与えるべきなのにそれが出来ない現状があります。

スポンサーリンク

ベーシックインカムを導入することで、複雑な制度をシンプルにし、誰もが公平にお金を受け取ることが出来るようになります。

このようにベーシックインカムは、今の制度では救うことのできない貧困層を助けることが出来るのです。

ベーシックインカムが貧困層を救うことができる理由まとめ

まとめると、

今の複雑な社会保障制度のせいで手当を受けることができない貧困層をベーシックインカムは救うことができるのです。

ベーシックインカムには貧困層を救えるだけでなくいろいろな利点があります。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

実際にほかの国では実験的にベーシックインカムを導入しているところがあります。

このことからも世界的にベーシックインカムを導入しようという動きがみられます。

日本でも導入してくれれば嬉しいですね。

以上参考になれば幸いです。

よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。

→よしおのtwitterをフォローする

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です