バリュードメインでclientholdになる原因はwhois情報かも!?

アフィリエイトをやっているOL

「いままで普通にアクセスできたブログの画面が突然真っ白に。」

「何も変更した覚えがないのに突然サイトへアクセス出来なくなった。」

私の場合、こんな風に突然アクセスできなくなってしまいました。

ドメインの契約更新にも問題なく、レジストラの情報もいじってないのになぜだろう?と思いながら原因調査しました。

その結果、以前ドメイン移管した際にwhois情報を更新しなかったことが原因だと分かりました。

原因究明から解決まで1時間ぐらいでアクセスできるようになったので良かったです。




突然サイト(ブログ)へのアクセス不可に!?調査方法

突然サイトにアクセスできなくなった時は、慌てずにドメインがclientholdかどうか確認しましょう。

ステータスがclientholdだった場合、whois情報が間違ってる可能性が高いです。

Whois情報を正しく変更すればすぐにアクセスできるようになりますよ。

ドメイン情報を調査しステータスが「Clienthold」かどうか確認

INTERNIC

まずドメインに疑いがある場合は、ドメインのステータスを調査しましょう。

ドメイン情報の調査はINTERNICで行うことができます。

英語だらけなので少しわかりづらいかもしれませんが、ドメイン名を入力して、「submit」ボタンを押下します。

押下後の画面に「ClientHold」という文字が見つかれば、ドメインが停止状態にあることがわかります。

Q.【clientHoldとは?】ドメインが急に利用できなくなりました。
取得されているドメインのご契約やネームサーバ設定に問題がないのに、
ホームページの表示や、メールアドレスがご利用いただけなくなった場合、
上位機関による『利用制限(clientHold)』が行われている可能性があります。

ムームードメインより引用

Clientholdと表示された場合1:認証メールを無視してる可能性

バリュードメインに登録されてるメールアドレスに認証メールが送られてるにも関わらずメールを無視してるパターンです。

私はこのパターンではありませんでした。

アドレス有効性認証メールを無視してると「アドレス有効性認証をご対応いただけない場合はドメイン利用を制限させていただきます」というメールも届くようになります。

この場合は、送られてきたメールに記載されてる認証アドレスへアクセスすることで解決します。

バリュードメインに登録してるメールアドレスが受信できない場合や、認証アドレスの有効期限がすぎてる場合はバリュードメインへお問い合わせした方が良いでしょう。

Clientholdと表示された場合2:whois情報が誤ってる可能性

私はこのパターンでした。

whois情報が誤ってることでドメインの利用を停止されてしまってたのです。

なぜなら以前、私はyoshiosakai.comというドメインのレジストラを「AWS」から「バリュードメイン」へ移管したことがあるからです。

レジストラがAWSの時には、whois公開情報を代行していました。

しかし、バリュードメインに移管した時もAWSのドメイン代行設定になっていたので、whois情報が誤ってる状態になってました。

ですので、Clientholdと表示されてドメインの利用を停止されてる人はwhois情報が誤ってないか確認してみてください。

バリュードメインでwhois情報を変更する方法

「whois情報を正しく変更する方法がわからない」

こんな風に思ってる人のために、バリュードメインでwhois情報を変更する方法を紹介します。

手順1:まずはバリュードメインへアクセスする

バリュードメインのホーム画面

まずはバリュードメインへアクセスしましょう。

スポンサーリンク

左側にある「ドメイン」にカーソルを当てると、その右にいくつかの項目が現れます。

その項目の中の「ドメインの設定操作」という項目を選び押下します。

手順2:whois情報を変更したいドメインを探す

バリュードメインのドメイン管理画面

ドメインの設定操作画面に遷移したら、バリュードメインで管理してるドメインの一覧が確認できます。

まずは、whois情報を変更したいドメインを探しましょう。

目的のドメインが見つかったら、その右にある「whois」を押下します。

手順3:whois情報を変更する

バリュードメインのwhois情報変更画面

whois情報の編集画面に移行したら、whois情報を正しく入力しましょう。

私の場合は、一番下にスクロールすると現れる「全項目をユーザー情報に統一するには、ここをクリックした後に、下の変更を押してください。」ボタンです。

これをクリックすると、バリュードメインに登録されてる自分の情報が自動的にwhois情報に入力されるので楽ですよ。

whois情報を確認した後に「変更」ボタンを押下すればwhois情報の変更は完了です。

いつアクセスできる?Whois情報を正しく変更するとすぐアクセス可能に

バリュードメインからwhois情報が正しく変更された報告のための通知メール

私の場合は、whois情報を変更したら数秒で上記のようなメールが届きました。

そしてすぐにyoshiosakai.comへアクセスしたところ、無事アクセスできるようになっていました。

やはり、正しいwhois情報になっていないとダメなようですね。

「いつアクセスできるようになるのかな?数日間アクセスできない状態だと売り上げがやばいことになる。。」

こんな風に思っていたのですが、すぐにアクセスできて良かったです。

ドメイン移管した人はwhois情報の変更を忘れずに

私のようにドメイン移管をした人は、whois情報を正しく変更しておかないとあとで面倒なことになります。

ですので、これを機会に自分のドメインのwhois情報が正しくなっていないか確認すると良いでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です