法人口座開設の審査がゆるいのは?資本金3万でも開設できた銀行

私は勢いで2017年5月に会社を設立しました。

会社を設立すると必要な作業が法人口座開設です。

資本金30000円で起業したので「審査通るかなー」と不安でした。

1回目の審査では落ちてしまいましたが、2回目では審査が無事通り、法人口座を開設できました。

そこで今回は、審査がゆるい銀行口座と、審査までの過程を紹介します。




法人口座開設が必要な3つの理由


  • 税務署に警戒されやすい
  • 取引先への信頼
  • 金融機関からお金を借りづらい

税務署に警戒されやすい

基本的に、法人と個人は別物として扱う必要があります。

税金計算や資本管理などを法人と個人でごちゃ混ぜに行ってしまうと、税務署から警戒されやすいです。

なぜなら税務署から「脱税しているのでは?」と疑われる可能性があるからです。

取引先への信頼

取引先が大手の場合だと、法人口座がないと信用してくれない可能性があります。

法人として取引しているのに、振込先は個人口座なのは不自然ですよね。

「脱税しているのでは?」と思われてもおかしくありません。

法人口座を開設していれば、脱税を疑われる心配がないので安心です。

金融機関からお金を借りづらい

法人口座がなくても、会社経営をすることはできます。

しかし、金融機関からお金を借りようとしても審査落ちする可能性が高くなります。

なぜなら、個人口座のままだと、法人として相手にされにくい為です。

銀行から融資を受ける可能性があれば、法人口座にした方が良いでしょう。

1回目:ジャパンネット銀行で審査落ち

私は「会社設立freee」を利用して会社設立をし、資本金3万円かつ会社設立直後に、法人口座の審査を受けました。

最初はジャパンネット銀行で審査を受けました。

理由は、freee(フリー)で「会社設立直後にも開設できる法人口座」と紹介されていたからです。

しかし、結果は審査落ちでした。

そこで落ちた理由を自分なりに分析して対策しました。

審査を通りやすくするための対策

対策1:会社のホームページを作成した

おそらく、法人口座審査時に「会社のホームページも確認するのでは?」と思いました。

そこで一時間ぐらいでパッと会社のHPを作りました。

クオリティは低いですが、ないよりはあった方が良いでしょう。

対策2:固定回線の電話番号を記載

ジャパンネット銀行では固定電話を申し込み書類に書いてませんでした。

そこで次の審査の時は、固定回線の電話番号を書くことにしました。

固定電話は、親の会社の電話番号を借りました。

これで固定回線は解決です。

ちなみに実家暮らしなので、会社の住所はバーチャルオフィスではなく実家にしました。

スポンサーリンク

2回目:住信SBIネット銀行で審査通過!

「会社のホームページの作成」と「固定回線の電話番号」の対策をしたのち、住信SBIネット銀行で審査を受けました。

書類を提出してから約二週間後。

メールが届き、無事審査通過することができました。

「住信SBIネット銀行の審査はゆるい」というツイートがtwitter上で見かけたのが住信SBIネット銀行の審査を受けた理由です。

「資本金三万円」かつ「会社設立直後」でも、法人口座を持てるという点を考慮すると、住信SBIネット銀行は審査がゆるい銀行口座であると言えると思います。

法人口座開設の審査を通過して気づいたこと

法人口座を即日で開設するのは厳しい

法人口座を解説するなら即日での開設は厳しいと思った方が良いでしょう。

実際に私は住信SBIネット銀行に申し込みをしてから、審査に通過するまでに1ヶ月の期間がありました。

他の審査のゆるいネット銀行はどのくらいの期間かかるかわかりませんが、少なくとも即日は無理だと思います。

即日での開設は厳しいので、なるべく早めに法人口座開設手続きを進めることをおすすめします。

自己資金が少ない私でも審査通過可能

自己資金が少なくても私の場合は法人口座開設の審査を通過できました。

資本金30000円で通過するのは少し驚きましたね。

これは完全に憶測ですが、行う事業内容によって自己資金が少なくても通過するのではないかと思っています。

アフィリエイトであれば、固定費がほぼゼロなので人を雇わなければ倒産リスクがほとんどありません。

ですので、自己資金が少ないからといって最初から法人口座開設の審査に通らないと諦める必要がありません。

事業内容は明確にした方が良いかも

私は審査落ちしないために、事業内容は明確にしておきました。

なぜなら、事業内容を明確にしておかないと「いかがわしいことをしているのでは?」と疑われてしまう可能性があるからです。

私の場合は、事業内容を「デジタルマーケティング事業」1本にしました。

特に事業内容が多すぎたり、一貫性がない場合は疑われやすいので注意しましょう。

審査のゆるい法人口座開設時の注意点

履歴事項全部証明書の原本はたくさん用意しておく

履歴事項全部証明書の原本は法人口座開設に必要な書類となります。

あらかじめ、履歴事項全部証明書の原本はたくさん用意しておきましょう。

なぜなら、履歴事項全部証明書の原本はわざわざ法務局まで行かないと取得することができないからです。
(オンライン請求もできますが手続きが面倒です。)

もし審査落ちしてしまうと、履歴事項全部証明書の原本は返って来ない場合がほとんどです。

たくさん審査を受けるのであれば、履歴事項全部証明書の原本は複数取得しておきましょう。

ちなみに履歴事項全部証明書の発行には600円かかります。

メガバンクでの法人口座開設は審査基準が厳しい傾向

私は、メガバンクで法人口座開設の申し込みはしていません。

ですが、調べたところメガバンクで審査基準がゆるいところはなさそうですね。

三菱UFJ、みずほ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行などのメガバンクは審査申し込みしなくても良さそうです。

もし、メガバンクの法人口座開設の申し込みするとしても、ネット銀行よりも優先順位は低くする方が良いでしょう。

法人口座開設の審査前に準備すべきもの

  • 会社の実印
  • 法人設立届出書控え
  • 事業計画書
  • 会社代表者の印鑑証明書
  • 履歴事項全部証明書
  • 定款
  • 会社代表者の本人確認書類
  • 銀行印
  • 法人届出番号

法人口座開設の審査前に準備すべきものは銀行ごとに異なりますが、主に上記が挙げられます。

準備するものが多いので、法人口座開設準備に時間がかかると思います。

必要な人は早めに準備をしておきましょう。

まとめ:法人口座開設の審査に自信が無ければ複数受けるべし

資本金を十分に用意できなかったり、会社を設立してから間もない頃は、どうしても審査が通りづらくなる傾向にあります。

その上、審査には二週間ほどの時間がかかります。

「一つ落ちたから、また別のところの審査を受けてみよう」ではすごく時間がかかる可能性があります。

ですので、法人口座開設の審査を受けるのであれば、複数受けておきましょう。

法人口座開設の審査がゆるいと言われてるのは下記になります。

住信SBIネット銀行(私でも通りました。)

ジャパンネット銀行

楽天銀行

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • 初めまして!
    私もつい先ほど、結果待ちしておりました楽天銀行から、お断り通知が参りました。その為、大変為になり、皆様も同じご経験されていらっしゃるのだな と励まされた気分です。 ちなみに、HPは、どの様に作成されましたでしょうか? どの様なものを使用されましたでしょうか?

    宜しくお願い致します。m(__)m

    • 初めまして、管理人です。

      コメントありがとうございます。

      HPの立ち上げに関しましては、私の場合「Xサーバー」と契約済みなので、ドメインを取得してwordpressをインストールしただけです。
      具体的な手順に関しましては、他に詳しく記事を書いてる方がいると思うので検索されてみてはいかがでしょうか?(調べれば特別なスキルは必要なく誰でもできるかと思います。)
      よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です