資本家と投資家の違いとは?

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

あなたは資本家と投資家の違いを知っていますか?

「よくわからないけどどちらともお金持ちのイメージがある」

こんな風に思っているのではないでしょうか?

結論から言うと下記になります。

【資本家と投資家の違い】

  1. 「資本家」はお金を貸して金利収入を得る人
  2. 「投資家」は金融商品などを買って利益をあげる人

 

今回は「資本家と投資家の違い」について詳しくみていきましょう。




資本家はお金を貸して金利収入を得る

資本家(しほんか)
企業体に資本を提供し、最高意思決定能力を持ち、出資した範囲ですべての責任を負う人、そして、最終的に残った利益の配分にあずかる人。


Wikipediaより引用

資本家とは、お金を会社に貸して金利収入を得る人です。

もっと具体的にいうと、

資本家は、銀行のように会社の経営者などにお金を貸してあげます。

そして返してもらう時には、貸したお金より多くのお金をもらうといった感じです。

ですので資本家はお金持ちじゃないとできないですね。

資本家になるためには、投資家として成功して利益をあげる必要がありそうですね。

[amazonjs asin=”4480863303″ locale=”JP” title=”金持ち父さん貧乏父さん”]

投資家は金融商品を購入する

投資家(とうしか、英:investor)は、株式や債券・不動産・通貨・商品などに投資する個人、あるいは法人。


Wikipediaより引用

投資家とは、リスクをとって利益をあげる人です。

値動きがある株を安い時に買って、高い時に売って差額を手にするイメージです。

投資家はお金がなくても大丈夫です。

誰かから借金して、そのお金を使ってお金を増やせばいいのですからね。

ちなみに私も投資家です。

リスクをとって株やビットコインに投資して利益を得ているので。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

[amazonjs asin=”4061385208″ locale=”JP” title=”投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)”]

資本家と投資家の違いまとめ


まとめると下記のようになります。

  1. 資本家は会社の経営者にお金を貸して金利収入を得る人
  2. 投資家はリスクをとって金融商品などを買って利益をあげる人
  3. 資本家になるにはお金持ちになる必要があるが、投資家はお金がなくてもなれる。

資本家になるには、お金持ちになる必要があります。

資本家になるのであれば、まずは投資家としてお金を稼ぐのが良いと思います。

労働者から資本家になるのは不可能だと思います。

なぜなら労働者は時間を切り売りしてお金を稼いでいるからです。

有限の時間を切り売りしてお金を稼いでも、稼げる額には限界がありますよね。

私も投資家として頑張って資本家になりたいものです。

以上参考になれば幸いです。

よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。
→よしおのtwitterをフォローする
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です