ソフトフォークとハードフォークの違いとは?

この記事はこんな人に向けて書いてます

  • 仮想通貨を最近始めた初心者
  • ソフトフォークとハードフォークの違いを知りたい人

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

あなたは仮想通貨におけるソフトフォークとハードフォークをご存知ですか?

これらは要するに仮想通貨のアップデートだと思ってもらえればいいのですが、少し意味が異なります。

そこで今回は、ソフトフォークとハードフォークの違いについてご紹介します。




ソフトフォークとハードフォークの違いとは?

結論から言うと下記になります。

ソフトフォークとハードフォークの違い

  • 仮想通貨が永続的に分裂するか?(ハードフォーク)否か?(ソフトフォーク)という違い

そもそも「フォークとは何か?」あなたは知っていますか?

食事でつかうフォークは一本の手から複数に分裂しますよね

それと同じで、ブロックチェーンが分岐することをフォークといいます。

仮想通貨のハードフォークは、一度分岐したらそれらは永遠に合流することはありません。

一方でソフトフォークは一時的なフォークであとで合流します。

一般的にハードフォークは影響大でソフトフォークは影響小と言われています。

ソフトフォークとは?


ソフトフォークは、ソフトのアップデートと同じで、昔のルールもそのまま使えるイメージです。

つまり互換性のあるアップデートということです。

ソフトフォークすると「昔のルール」と「昔のルール+追加で新しい機能」といった感じで、分岐します。

一度分岐しますが、より使われているルールを採用するルールがあるので最終的にはどちらか一つに収束します。

たとえば、新しく追加した機能が使いやすかったら、みんな「昔のルール+追加で新しい機能」を優先するので、このルールに収束します。

一方で「新しい機能使えないし、邪魔だな」となれば、「昔のルール」をみんな使うようになるのでそちらに収束するというイメージですね。

スポンサーリンク

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、互換性のないアップデートです。

以前から使われていたルールと、これから適用されるルールが分岐して存在することになります。

一つの通貨が古い通貨と新しい通貨の二つに分裂するんですね。

仮想通貨を使う側からすると、「どっちが今まで通り使えるのか?」といった感じで混乱してしまします。

このようにハードフォークによる影響は大きいです。

なのでハードフォークするときは慎重に議論を進める必要がありますね。

ちなみに2017/08/01にビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生しました。

【8月1日】ビットコインが分裂~ビットコインキャッシュ誕生~

この時には自分の持っているビットコインと同じ数量分のビットコインキャッシュがただでもらうことができました。

ハードフォーク後もビットコインの価格は安定し、ビットコインキャッシュの価格は一時6~7万となったので、私はビットコインキャッシュを売りました。

つまりただで6~7万もらうことができたのです。

ただ、その時は良かったのですが、ハードフォークは危険とされています。

コインが分裂するってことは、それだけ価値が薄まるということなのですからね。

しかし、ハードフォークは価値が薄まらないという意見もあり、どっちが本当に正しいのかは誰にも分かりません。

ソフトフォーク、ハードフォークの事例

ソフトフォーク事例(P2SH)

もともとビットコインはP2PKH(Pay to Public Key hash)というプログラムを採用していました。

しかしP2SH(Pay to script hash)というプログラムを採用するために、2014/04/01にソフトフォークをしたという事例があります。

ちなみにP2SHとは、マルチシグネチャをビットコインに導入するものです。

これによりビットコインのセキュリティは、より高まりました。

ハードフォークの事例(The DAO事件)

The DAO事件とは、2016/06/17に起こった事件です。

「The DAO」というプログラムの脆弱性を突かれて、約65億円のイーサリアムが不正送金されました。

この事件からイーサリアム開発チームは、「不正送金をなかったことにする」ようにハードフォークを実施しました。

しかし、一部のコミュニティがそれに反対してハードフォークを拒否し、その結果「イーサリアム・クラシック」が誕生したのです。

つまり、「不正送金をなかったことにした」のが今のイーサリアムで、不正送金をそのまま認めて今に至るのがイーサリアム・クラシックというわけですね。

ハードフォーク当時にイーサリアムを持っていた人は、それと同じ量のイーサリアム・クラシックを受け取ることができました。

終わりに

いかがでしたか?

今回は、「ソフトフォークとハードフォークの違い」についてご紹介しました。

ちなみに2017/11/19にハードフォークを予定していたSegwit2Xは延期されました。

理由はBitcoinコミュニティーからの支持を得ることができなかったからです。

この延期のニュースが出てからビットコインの価格は約7700ドルまで高騰しました。

きっと、このハードフォークを不安要素としていた投資家が安心してビットコインを買い増ししたのでしょう。

ビットコインは価格変動が激しいので、余剰資金で投資することをオススメします。

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。
→よしおのtwitterをフォローする
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です