LINEモバイルの初期費用の支払いにはいくらかかるのか?

この記事はこんな人に向けて書いています

  • LINEモバイルへの乗り換えを検討していて初期費用を知りたい人

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

LINEモバイルと初めて契約をするときには、初期費用が発生します。

初期費用は安ければ安いほど、乗り換える時の心理的ハードルが下がると思いますので、事前に把握しておいたほうがいいでしょう。

今回は、LINEモバイルとの契約時にかかる初期費用や、安くする方法、請求日などについてご紹介したいと思います。




LINEモバイルの初期費用は(税込)3672円

結論から言うと、LINEモバイルへの乗り換え時に発生する初期費用は、3672円(税込)です。

乗り換えと同時に端末を購入すれば、これに加えて「端末費用」もかかります。

私は端末は変えずにSIMカードを差し替えただけなので初期費用は3672円になっています。
この3672円の内訳は、「登録事務手数料」と「SIMカード発行手数料」、「消費税」です。

登録事務手数料とは、登録をする手続きにかかる手数料のことで、費用は3000円。
SIMカード発行手数料とは、文字通り「SIMカードの費用」のことで、費用は400円。
これに8%の消費税が加わり272円の費用がかかります。

そして嬉しいことに、月額基本料は初月無料なので、支払金額は初期費用の3672円だけです。

初期費用を安くする方法

LINEモバイルの初期費用を安くする方法があります。

安くする方法は下記の2点になります。

  • エントリーパッケージを使う
  • 追加申し込みをする

詳しく見ていきましょう。

エントリーパッケージで登録事務手数料が無料

エントリーパッケージとは、16桁のエントリーコードが記載されたパッケージになります。
値段は900円になります。

記載されたエントリーコードをLINEモバイルのマイページに入力し、申し込みをする事で3000円の登録事務手数料がタダになります。

ただし、SIM発行手数料の400円は無料にならないので注意してください。

エントリーパッケージを使う事で初期費用が1300円(税抜)になります。
(内訳:エントリーパッケージの900円+SIM発行手数料の400円)

通常の場合、初期費用は3672円なので、約2300円も安く申し込む事ができるのです。

私は普通に申し込みをしてしまったので、「エントリーパッケージを使えば良かったな」と後悔しています。

エントリーパッケージを使って申し込みをする方法

エントリーパッケージを購入して手元に届いたらエントリーコードを確認します。
このエントリーコードを申し込みの時に入力していきます。



LINEモバイル公式より引用(画像のエントリーコードはサンプルです)

マイページにアクセスして画面右上の「申し込む」を選択します。

遷移した画面を下にスクロールしていくと、「上記事項に同意の上、申し込む」ボタンを押下します。

「コードを使用して申し込み」を選択した後に、エントリーパッケージに書かれていたエントリーコードを入力します。

あとは通常と同じように画面の指示にしたがっていけば、エントリーパッケージを利用して申し込みをする事ができます。

スポンサーリンク
注意点

  • 本人確認などの書類で審査落ちをするとエントリーパッケージを使ったとみなされ、900円が無駄になります。
  • 購入したい端末などが売り切れていた場合、期限があるエントリーパッケージは使えなくなる可能性があります。

追加申し込みをすると安く契約する事ができる

サービスタイプ 登録事務手数料
データ+SMS+音声通話 3000円0円
データ+SMS 3000円500円
データ 3000円1000円

最初の契約では登録事務手数料で3000円かかりますが、そのアカウントのマイページから「追加申し込み」をすると、登録事務手数料が最大無料になります。

契約者は同一人物になるので、本人確認や個人情報の入力の必要もありません。

「追加申し込み」は、家族全員でLINEモバイルに乗り換える時や、一人で2台持ちしたい時にお得です。

実際に私の母親と妹も「追加申し込み」でLINEモバイルに乗り換えたので、6000円お得になりました。

補足説明
同一世帯あたりで追加申し込みできるのは5回線までとなっています。

「追加申し込み」をする手順

「追加申し込み」の方法は簡単です。

まずはマイページにアクセスします。

左画面にある「追加申し込み」を選択します。

「申し込む」というボタンを押下します。

あとは画面の指示にしたがっていけば追加申し込みをする事ができると思います。

請求日はいつ?

「登録事務手数料」と「SIMカード発行手数料」の請求日は利用開始日の月の翌月5日頃になります。

例えば、6月10日に乗り換え申し込みをした場合は、7月5日頃に請求されるという事です。

補足説明
利用開始日とは、

・「新規契約の場合」:SIMカードを発送してから2日後
・「電話番号を引き継いで乗り換える(つまりMNP転入)の場合」:電話番号切替え日の翌日

になります。

端末を購入する場合、端末料金は即時請求になります。
また端末購入は、分割払い(24回)をする事ができます。
「最初は分割払いしてたけど、途中で一気に払いたい!」といった場合でも「残金一括払い」をすれば負債額を一気に返済する事ができます。

クレジットカード払いをしている人の場合は、そのクレジットカード会社によって引き落とされる日が異なるので、気になる人は確認してみましょう。

その他に費用はかかるのか?

  • 端末代(端末によって値段は異なる)
  • SIMカード交換手数料(3000円)
  • MNP転出手数料(約2000円)
  • 解約手数料(約10000円)

初期費用として他にかかるかもしれない費用は上記が挙げられます。

詳しくみていきましょう。

端末代

「端末代」は、新しく端末を購入する時にかかる費用です。
LINEモバイルに乗り換えると同時に新しく端末も変更する人が当てはまります。
端末の価格は購入する端末によって異なります。

SIMカード交換手数料

「SIMカード交換手数料」は主に、間違えて異なるサイズのSIMカードを申し込んだ時にかかります。
手数料は3000円と大きいので、事前にSIMカードのサイズを調べてから申し込むようにしましょう。
マイページ→「SIMカード交換」で交換申請をすることができます。

MNP転出手数料

「MNP転出手数料」とは、電話番号を引き継いで使いたいときに、現在契約している携帯電話会社から請求される手数料のことです。
例えば、あなたがdocomoからLINEモバイルへの乗り換えで、docomoの電話番号を引き続きLINEモバイルでも使いたいとしましょう。
その時に「MNP転出手数料」をdocomoから請求されるといったイメージです。
ドコモの場合だと2160円(税込)かかります。

解約手数料

「解約手数料」は以前契約していた携帯電話会社との契約を解約する時にかかる手数料のことです。
2年契約をしていて、その2年を待たずに解約をすると発生する費用です。
docomoの場合は、9500円(税抜)かかります。

LINEモバイルへ乗り換える前に準備しておくもの

LINEモバイルヘ乗り換える前に準備しておくものは下記の4点になります。

  • MNP予約番号とその有効期限
  • 本人確認書類
  • メールアドレス
  • クレジットカードまたは、「LINE payカード」

詳しくみていきましょう。

MNP予約番号とその有効期限

現在利用している電話番号を引き続き使用するのであれば、「MNP予約番号とその有効期限」が必要になります。
これらは現在契約している携帯電話会社のお店やwebサイト、電話などで取得する事ができます。
「有効期限」とは、LINEモバイルへ乗り換えをするまでの期限のことです。
この期限までに乗り換えをしないと、もう一度MNP予約番号を取り直さないといけないので注意してください。

本人確認書類

本人確認書類では、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、健康保険証、マイナンバーカードなどの中でいずれかの写真をアップロードする必要があります。

詳しくは、「マイページ」→「サポート」→「使い方・設定方法」→「本人確認書類一覧」で見ることができます。

メールアドレス

メールアドレスはメールが受信できるものであればなんでもいいのですが、キャリアのメールアドレスを登録するのは控えましょう。
大手キャリアからLINEモバイルへ乗り換える時に、大手キャリアで使用していたメールアドレスは使えなくなるからです。
私の場合だと、docomoからLINEモバイルに乗り換えた段階で、「~@docomo.ne.jp」というメールアドレスが使えなくなりました。
ですのでそれ以外のメールアドレス、例えばgoogleのメールアドレス「~@gmail.com」などを使うと良いでしょう。

クレジットカードまたは、「LINE payカード」

格安SIMでの支払いはクレジットカードが基本なのですが、LINEモバイルの場合は、「LINE payカード」でも決済をすることができます。

分かりやすく書かれた記事があったので下記に紹介をしておきます。

【保存版】LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する方法手順

ちなみに私は楽天のクレジットカードを使っています。
還元率が1%と高く、年会費は永年無料なので私は3年以上使っています。

ポイント活用で節約するなら楽天カードがおすすめな理由

2017.12.03

終わりに

いかがでしたか?

今回は、「LINEモバイルの初期費用の支払い金額や請求日、安くする方法」についてご紹介しました。

私はdocomoからLINEモバイルへ乗り換えてから通信費が毎月6000円もお得になりました。

通信費は毎月かかるものなので、乗り換えようか迷うほど毎月大手キャリアの割高な通信費を支払うことになります。

通信費を節約したいのであれば、今すぐLINEモバイルへ乗り換えた方がいいでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です