httpからhttpsへ301リダイレクトさせるための.htaccessファイル編集方法

AWSからバリュードメインへドメイン移管してる画像

httpでアクセスすると「http://www.example.com」と表示され、httpsでアクセスすると「https://www.example.com」と表示される。

あなたはこんな風になったことはありませんか?

私はこのような現象に陥りました。

ドメイン名は1つに統一しないと、サイト評価が分散する恐れがあるのでできれば避けたいです。

wwwの有無を統一しないことによる弊害

「httpsだけにアクセスを統一させたい!」
「httpでアクセスしてもhttpsが表示されるようにしたい!」

こう思う人は、httpからhttpsへ301リダイレクトさせるようにしましょう。

httpからhttpsへ301リダイレクトさせるには、サーバー内にある.htaccessファイルを編集する必要があります。

そこで今回は、httpからhttpsへ301リダイレクトさせるための.htaccessファイル編集方法を紹介します。

.htaccessファイルにアクセスする方法は下記を参考にしてください。

関連記事:FileZillaを使って123サーバー内のファイルを編集する方法




.htaccessファイルの編集方法

.htaccessファイルは下記の内容を記述します。

【www.example.comの場合】

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]

参考:httpからhttpsに.htaccessを使ってリダイレクトさせる方法

.htaccessファイルにはすでに内容が記載されていますが、下に追記する形で大丈夫です。

スポンサーリンク

.htaccessファイルの編集を間違えるとサーバーにアクセスできなくなる恐れがあるので、必ず編集前にはバックアップを取るようにしておきましょう。

httpsへリダイレクト画像

httpでアクセスしてもURLがhttpsで表示されるのであれば無事に編集ができている証拠です。↑

関連記事:FileZillaを使って123サーバー内のファイルを編集する方法

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です