ブログ文章の書き方-初心者が今すぐ実践できる7つのコツ-

こんにちは、ブロガーのよしお(@5426yoshio)です。

「ブログを始めたばかりで文章の書き方が分からない」

こんな風に悩んだりしませんか?

何も知識がない状態だと記事を書こうとしても手が止まってしまいますよね。

まず書く前に、ブログを書く上で基本的な知識を入れておきましょう。

基礎をおさえることで、ある程度記事が書けるようになりますし、後から見直しても恥ずかしくありません。

そこで今回は、ブロガーである私が今すぐ実践できるブログ文章の書き方のコツをご紹介します。




記事のターゲット層を決める

記事を書く前に誰に向けて書くのかを明確にしましょう。

今の時代、情報は溢れるほどあるのです。

誰に向けて書くのかを明確にしないと、読み手は反応してくれません。

例えば、

「ブログをやっているそこのあなた!」

と呼ばれるよりも

「ブログを始めたばかりで、文章の書き方が分からずに悩んでいるそこのあなた!」

と呼ばれた方が反応しますよね。

「自分のことかな?」

といった感じで。

このようにターゲット層が明確であればあるほど、その一人に反応してもらいやすくなります。

私がブログを始めた時は、ターゲット層を決めずに記事を書いていました。

当然ですが、その記事には全くアクセスされなかったのです。

ターゲット層の設定の重要性を知ったのはこの本を読んでからです。

[amazonjs asin=”4865062114″ locale=”JP” title=”100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60″]

この本を読んでから、ターゲット層の設定を意識して記事を書くようになりました。

それからは徐々にアクセス数が伸び始めたのです。

このように書く前にターゲット層を明確に設定することは、読者にアクセスしてもらうために必要なことなのです。

記事のキーワードを決める

ターゲット層を設定したら次は執筆する記事のキーワードを決めましょう。

なぜキーワードを決める必要があるのか?

それは、あなたが書いた記事がgoogleの検索結果に上位で表示させるためです。

例えば、あなたが「新宿で美味しいランチを食べたい!」と思っているとします。

そこで、あなたはgoogleで「新宿 ランチ おすすめ」と検索するのではないでしょうか?

そしてここに表示される記事をあなたは読むと思います。

「新宿で美味しいランチを食べたい人」に記事を読んでもらうためには、「新宿 ランチ おすすめ」というキーワードを意識して記事を書く必要があるのです。

キーワードを決める重要性を理解していただけたかと思います。

キーワードの決め方

「ではどうやってキーワードを決めていけばいいのか?」

キーワードを決める際にいくつか役立つツールがあります。

今回は私がオススメするYahooサジェストというツールを使って説明します。

例えばあなたが「資産運用初心者にオススメの本を紹介する」記事を書きたい考えているとします。

まずは「資産運用」というワードを入れて検索してみます。

そうすると、「資産運用」に関連するキーワードが表示されます。

上に表示されているキーワードほどたくさん検索されていることを表しています。

資産運用初心者にオススメの本を紹介する」のにぴったりなキーワードが見つかりましたね。

見つかったら、「資産運用 初心者 本」というキーワードを元に記事を書いていけばいいのです。

キーワードを記事に盛り込む

キーワードを決めたらそのキーワードを記事に盛り込むようにしましょう。

理由は、先ほども言ったようにgoogle検索上位に表示されるためです。

ただし過剰にキーワードを盛り込んではいけません。

過剰に盛り込みすぎると、読者がその記事を読みづらいと感じ離脱率が高くなってしまうからです。

離脱率が高くなると、当然googleからの評価は下がり、検索上位に表示されなくなってしまいます。

このように、キーワードは記事内に適度に盛り込むことが大事です。

読者がクリックしたくなるようなタイトルにすること

読者が思わずクリックしたくなるようなタイトルをつけましょう。

その際に2つのポイントがあります。

それは下記になります。

  1. タイトルにキーワードを盛り込むこと
  2. 読者の目を惹くタイトルをつけること

タイトルにキーワードを盛り込むこと

タイトルにキーワードを盛り込みましょう。

これはgoogle検索で上位に食い込むためです。

タイトルを考える際に頭に入れておいて欲しいのがキーワードは前の方に配置した方がいいということです。

具体例をあげます。

この記事のキーワードは「ブログ 文章 書き方」です。

下記の二つのタイトルをご覧ください。

スポンサーリンク
  • ブログ文章書き方-初心者が今すぐ実践できる7つのコツ-」
  • 「初心者が今すぐ実践できる7つのコツ-ブログ文章書き方-」

この場合は、上のタイトルの記事の方が検索順位が高いということです。

もし下のタイトルにしていた場合、この記事は読まれていないでしょう。

このように、「タイトルには前方にキーワードを配置したほうが検索上位に表示されやすい」のです。

読者の目を惹くタイトルをつける

読者の目を惹くタイトルにしましょう。

ユーザーがあなたの記事を読むかどうかは記事を見て決めます。

もしあなたの記事のタイトルが目につかないものであれば記事は読まれないのです。

例えば下記の二つのタイトルを見比べてみましょう。

  • 「ブログ記事の書き方」
  • 「ブログ文章の書き方-初心者が今すぐ実践できる7つのコツ-」

どうですか?

明らかに下のタイトルの方が目立ちますよね

読者の目を惹くタイトルを付けるには、

数字を用いる、簡単であることをアピールする、読み手を明確に絞る

などが挙げられます。

このようにタイトルをつける際には、読者の目を惹くタイトルを付けることが大事なのです。

記事の骨組みを作る

記事のタイトルを決めたら、次は記事の骨組みを作りましょう。

記事の骨組みを先に作っておけば、あとから書く内容に困ることはありません。

具体的には下記のようになります。

【誰でもできる!早寝早起きする3つの方法】

1.序文

2.早寝早起きする3つの方法

2.1.夜はスマホをみない

2.2.起きたらカーテンを開けて日光浴する

2.3.朝シャワーを浴びる

3.早寝早起きする方法まとめ

このように先に書く内容を決めておきます。

そして骨組みを作るときには1つポイントがあります。

それは、見出しにはユーザーの悩みに対する答えを書いてあげることです。

ユーザーは興味を持った見出しを見てから詳細を読みます。

見出しに答えが書いていなければ、そこの部分は読まれません。

記事を読んでいるあなたもそうですよね?

最初に大きな見出しを見てから、興味のある内容だけ詳しく読むのではないでしょうか?

このように、ユーザーの悩みに対する答えを先に見出しに書いてあげてください。

まとめると、「書く内容に困らないために文の骨組みを作り、見出しには答えを書いてあげること」が大事です。

骨組みに肉付けする

骨組みを作り終わったあとは肉付けをしてあげましょう。

なぜなら、肉付けをしてあげないと、記事の中身が薄くなってしまうからです。

肉付けする方法は色々ありますが、ここでは例としてPREP(プレップ)法を使います。

プレップ法とは文章を書くひな型のことです。

プレップ法を用いた文章の書き方は下記のようになります。

【プレップ法】

結論

理由

具体例

結論

簡潔かつ説得力のある文章を書くプレップ法はブログと相性は抜群です。

もしあなたがブログ初心者であれば、最初はプレップ法を使って文を肉付けしていきましょう。

行間を空ける

記事を書くときは、行間を空けましょう。

行間を空けないとユーザーが見づらいですよね?

具体例を挙げると分かりやすいかと思います。

下記は行間を空けた場合です。

【例1】

私がブログを始めた時は、ターゲット層を決めずに記事を書いていました。

当然ですが、その記事には全くアクセスされなかったのです。

ターゲット層の設定の重要性を知ったのはこの本を読んでからです。

この本を読んでから、ターゲット層の設定を意識して記事を書くようになりました。

それからは徐々にアクセス数が伸び始めたのです。

このように書く前にターゲット層を明確に設定することは、読者にアクセスしてもらうために必要なことなのです。

次に行間を空けない場合を下記にあげます。

【例2】

私がブログを始めた時は、ターゲット層を決めずに記事を書いていました。
当然ですが、その記事には全くアクセスされなかったのです。
ターゲット層の設定の重要性を知ったのはこの本を読んでからです。
この本を読んでから、ターゲット層の設定を意識して記事を書くようになりました。
それからは徐々にアクセス数が伸び始めたのです。
このように書く前にターゲット層を明確に設定することは、読者にアクセスしてもらうために必要なことなのです。

いかがでしょうか?

行間を空けたほうが読みやすいですよね。

このように記事を書くときは、読みやすくするために行間を空けることが重要なのです。

リライトする

記事をある程度書いたら、一回書いたものを見直してリライトしましょう。

なぜなら、リライトすることでアクセス数の増加が見込めるからです。

具体例を挙げると、

誤字を直す、画像をオリジナルのものに差し替える、説明に足りない要素を付け足す

などがあげられます。

このようにリライトをすることで検索順位を上位にすることができます。

ブログの文章の書き方まとめ

以上をまとめます。

  1. 書く前にターゲット層を決める
  2. キーワードを決める
  3. 読者が思わずクリックしたくなるタイトルにする
  4. まず記事の骨組みを先に作る
  5. 骨組みにプレップ法で肉付けする
  6. 行間を開ける
  7. 書いた後は定期的にリライトする

いかがでしたか?

今回は「ブログの文章の書き方-誰でも実践できる7つのコツ-」についてご紹介しました。

ここで紹介した7つのコツはどれもすぐに実践できるものばかりです。

是非試してみてください。

あとtwitterもやってるので気軽にフォローしてくださいね。

→よしおのtwitterをフォローする

[amazonjs asin=”4865062114″ locale=”JP” title=”100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60″]
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です