インスタは「ストック型」ソーシャルメディアである

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

私は以前からインスタグラムをやっています。

私のインスタグラムはこちらから

instagramをやってて思うのが、

「投稿した写真は時間が経ったあともいいねがくる」

ということです。

例えばですが、この写真は投稿した当日のいいねの数です。

いいねの数は35件ですね。(ちょっと少ない)

しかし10日後にはいいねの数が68件と、倍近くになっているのです。

スポンサーリンク

インスタで投稿した写真は時間が経っても見てくれる人がいるのです。

このことからインスタグラムは「ストック型SNS」ということができると思います。

なぜインスタで投稿した写真が時間が経っても見てくれる人がいるかと言うと、

その答えは「ハッシュタグ」にあります。

インスタグラム使う人って、ハッシュタグ検索する人が多いらしいですね。

インスタで一つの写真に30個もハッシュタグをつけることができます。

そのハッシュタグを検索してくれた人がその写真にいいねをしてくれるというわけです。

「ストック型」だと投稿した写真が時間が経っても読まれるのでいいですね。

一方で、twitterやfacebookは投稿したつぶやきが流れていってしまうので「フロー型」です。

「フロー型」は拡散力はありますが、投稿したものが後から読まれることはありません。

このSNSの特徴を踏まえた上で使い分けるといろいろと面白そうですね。

このインスタを使ってビジネスを加速させることもできそうです。

「インスタからブログにユーザーを流してみる」のもいいかもしれません。

私も試行錯誤しながら使いこなしてみたいと思います。

以上参考になれば幸いです。

よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。
→よしおのtwitterをフォローする
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です