新しいサーチコンソールでfetch as googleする方法

wordpress画面




新しいサーチコンソールでfetch as googleは可能

「サーチコンソールが新しくなったけど、fetch as googleはどこにいった?」

こんな風に新しいサーチコンソールでfetch as googleが出来ないという理由で古いサーチコンソールを使ってる人は多いのではないでしょうか?

実は私も最近まで、新しいサーチコンソールでfetch as googleする方法を知りませんでした。

しかし、新しいサーチコンソールでfetch as googleが出来ることを知ってからは私は新しいサーチコンソールでfetch as googleをしています。

厳密いうと、新しいサーチコンソールにfetch as googleという機能はありませんが、それと同じ機能は備わってます。

新しいサーチコンソールで古いサーチコンソールのfetch as googleと同じことが出来るので安心してください。

新しいサーチコンソールでfetch as googleする手順

新しいサーチコンソールでfetch as googleする手順はたったの4ステップです。

慣れれば、簡単なので覚えておくと良いでしょう。

手順1:フェッチしたいURLを検索ボックスに入力する

サーチコンソールでfetch as google

まずは新しいサーチコンソールにアクセスしましょう。

次にfetch as googleしたいURLをコピーしておき、画面上部の検索ボックスに貼り付けて、検索します。

手順2:「インデックス登録をリクエスト」を押下する

サーチコンソールでfetch as google

次の画面に遷移すると、「インデックス登録をリクエスト」というボタンが表示されます。

スポンサーリンク

この「インデックス登録をリクエスト」がfetch as googleの代わりになります。

ですので「インデックス登録をリクエスト」を押下しましょう。

ちなみに私の場合、この画面上ですでに「URLはgoogleに登録されています」と表示されてるので、私が入力したURLは既にインデックス済みであることが分かります。

すでに「URLはgoogleに登録されています」と表示されても、ページ修正で変更をすぐに反映したい場合は「インデックス登録をリクエスト」をすると有効です。

手順3:数十秒待機する

サーチコンソールでfetch as google

インデックス登録をリクエストすると「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」という画面が表示されます。

数十秒から数分時間がかかるので待機します。

手順4:「インデックス登録済み」で完了

サーチコンソールでfetch as google

インデックス登録済みと表示されれば完了です。

これでgoogleに指定したURLのインデックスリクエストを送る手順は終了です。

新しいサーチコンソールでもインデックスリクエストは簡単にできるので、古いサーチコンソールでfetch as googleを行ってる人はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です