削除ページの簡単なリダイレクト方法は?プラグインを紹介!

wordpressプラグインredirection画像




削除ページを既存ページへ301リダイレクトするメリット

301リダイレクトとは、URLが変更した場合に古いURLから新しいURLへ転送処理を行うことです。

古いURLへアクセスしても自動的に新しいURLへ転送されます。

301リダイレクトにはユーザービリティの向上に繋がるメリットがあります。

メリット1:リンク評価を新しいページへ引き継げる

ページにすでにリンクが付いていた場合、削除したらリンク評価が失われます。

ページの信頼性と権威性に関わるので、できればリンク評価はあった方が良いです。

せっかくリンクをもらっていたのに、削除したら勿体無いですよね。

301リダイレクトには、削除したページのリンクを新しいページへ引き継ぐ効果があります。

リンクを引き継ぎたいのであれば、削除したページを新しいページへ301リダイレクトする必要があります。

メリット2:ユーザーが削除済みページへアクセスできないようにできる

URL変更のために削除ページから新しいページへ301リダイレクトしないと、ユーザー側のユーザービリティ低下に繋がります。

なぜなら、ユーザーが求めてるページにアクセスできなくなってしまうからです。

例えば、あなたが検索したページへアクセスしたのに、404エラーが表示されたら離脱してしまいますよね。

ユーザービリティ低下はSEO的にサイト全体の評価を下げる要因となります。

このように、古いページから新しいページへ移動する際には301リダイレクトした方が良いのです。

メリット3:重複ページの解消に繋がる

古いページと新しいページの記事が重複していた場合、SEO的に評価が悪くなります。

この場合は、古いページを削除して、新しいページへの301リダイレクトが有効です。

古いページを削除して新しいページへ統合することで重複コンテンツの解消にも繋がりますね。

重複コンテンツで順位が下がってる疑いのある人はぜひ301リダイレクトを試してみると良いでしょう。

削除ページのリダイレクトはプラグイン「Redirection」で簡単に!

wordpressプラグインredirection画像

301リダイレクトはwordpressのプラグインで簡単に行うことができます。

古いURLと新しいURLを入力して保存ボタンを押下するだけで簡単に301リダイレクトができてしまうのです。

WordPressプラグイン「Redirection」のインストール手順

WordPressプラグイン「Redirection」のインストール手順を紹介します。

手順はたったの3ステップなので簡単ですよ。

手順1:wordpressのプラグインから「新規追加」へ

redirectionインストール手順新規追加画像

↑まずは、wordpressのホーム画面から「プラグイン」を選択します。

次に画面左上側にある「新規追加」を押下します。

手順2:検索ボックスに「redirection」を入れて検索

redirectionインストール手順検索画像

↑「プラグインを追加」画面が表示されたら、右上の検索ボックスに「redirection」と入れます。

スポンサーリンク

そうすると、「Redirection」というプラグインが表示されるので「今すぐインストール」を押下します。

手順3:インストールしたredirectionを有効化

redirectionインストール手順有効化画像

↑Redirectionのインストールが完了したら「有効化」というボタンが表示されるので押下します。

これでRedirectionのインストールは完了です。

「Redirection」の使い方

WordPressプラグイン「Redirection」の使い方は簡単です。

古いURLと新しいURLを入れるだけで301リダイレクトができるので、わざわざFTP経由でhtaccessファイルを編集する必要はありません。

手順1:redirection設定画面へアクセス

wordpressツールからredirection設定画面へアクセス

↑まずはwordpressのホーム画面から「ツール」にカーソルを合わせます。

そうすると「Redirection」が表示されるので押下します。

手順2:redirectionで転送ルールを設定

redirectionの転送ルール設定

↑次に転送ルールを設定します。

「ソースURL」が古いURL、「ターゲットURL」が新しいURLを表します。

例えば、すでに削除した記事のURL(yoshiosakai.com/old)から新しいURL(yoshiosakai.com/new)へリダイレクトしたいのであれば、「ソースURL」に「yoshiosakai.com/old」を入力し、「ターゲットURL」に「yoshiosakai.com/new」を入力します。

入力が完了したら「転送ルールを追加」ボタンを押下します。

手順3:redirection設定完了

redirection設定完了画面

↑「転送ルールを追加」ボタンを押下したら、上の欄にソースURLが表示されるのでこれで転送ルールの設定は完了です。

実際に古いURLでアクセスしてみてください。

古いURLでアクセスしても新しいURLのページが表示されたら301リダイレクトができてるということになります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です