コインチェック(coincheck)の総資産に表示される「使用中」とは?

この記事はこんな人に向けて書いています

  • coincheckで資産に「使用中」または「In Use」と書かれている意味を知りたい人

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

私はコインチェック(coincheck)で資産を確認した時にビットコインの資産の表示欄に「使用中」といった表示がされていました。

このような感じです。

この「使用中」のビットコイン「0.010739」BTCを売ろうとしたんですけど売ることができなかったんですね。

ちなみにトレードビューを見ると「In Use」と記載されています。

そこで困っていたのですが、解決したのでブログに書いておこうと思います。




「使用中」と表示されているのは注文が未約定だから

結論から言うと下記になります。

  • 「使用中」と表示されているのは、指値注文したけど、まだ約定してないからである。

私の場合、使用中の「0.010739」BTCは指値注文でまだ注文成立してなかったんですね。

取引画面を見ると分かりますね。

私が「0.010739」BTCを売ることができなかったのは、以前に指値注文をしていたからでした。

スポンサーリンク

ですのでもしあなたも「使用中」と表示されていたら、取引画面を見て「指値売り注文をしていないかどうか?」を確認してみてください。

「使用中」の資産を解除する方法

「使用中」の資産を解除するには、指値注文をキャンセルする必要があります。

未約定の注文画面で「キャンセル」を押下します。

そしてもう一回ウォレットを確認するとこのように「使用中」にある資産は「残高」に移動していると思います。

これで解決ですね。

まとめ

以上をまとめると下記のようになります。

  • coincheckのウォレットに「使用中」の資産があるのは、売り注文が約定していないため
  • 「使用中」の資産を解除するためには、取引画面で指値売り注文をキャンセルすること

以前注文したものを長い間放置していると、忘れてしまって「この使用中の資産ってなんだっけ?」となりますよね。

そういった人はこの記事をみて解決できれば幸いです。

お得な情報:アルトコインはZaifやBinanceだと安く買える

coincheckは「販売所」でしかアルトコインを購入することができません。
「販売所」では割高で購入することになってしまうんですね。

アルトコインを安く購入するのであれば、「販売所」ではなく「取引所」で購入しましょう。

「販売所」と「取引所」の違いについてはビットコインの「販売所」と「取引所」の違いとは?をご覧ください。

ビットコインの「販売所」と「取引所」の違いとは?

2017.10.18

ZaifBinanceは「取引所」でアルトコインを扱っているのでオススメです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です