レバレッジとは?-初心者に分かりやすく解説-

証券口座を開いている画像

こんにちは、よしお(@5426yoshio)です。

あなたは「レバレッジ」という言葉をご存知でしょうか?

投資の勉強をすると目にすることがあるかもしれません。

特にFXでよく見かけると思います。

投資をする上で、レバレッジの意味を知っておいて損はないでしょう。

そこで今回は「レバレッジとは何か?」について初心者に分かりやすくご紹介します。




レバレッジとは?

レバレッジの意味をWikipediaでみてみましょう。

レバレッジ(英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。


Wikipediaより引用

「他人資本?自己資本?よくわからない」

こんな風に思うかもしれません。

レバレッジの意味をもう少し噛み砕いて言うと、

「手持ちの少ないお金で大きなお金を動かすこと」

です。

例えばあなたが10万円しか持っていなくても、

レバレッジを20倍かければ200万円使って取引をすることができるということです。

leverageの意味は日本語で「テコの原理」という意味です。

少ない力で大きな物を動かすことができる「テコの原理」のように、

少ない金額で大きな金額を動かすことができるから「レバレッジ」と呼ばれているんですね。

レバレッジをかけることができる仕組み

「なぜこのようなことができるのか?」

こう思われるかもしれません。

その理由は、「差金決済」という方法にあります。

例えば10万円を証拠金として200万円分の金融商品を買ったとします。

このとき実際に200万円を渡すわけではありません。

金融商品を売る時に、その価値が200万円が210万円になっていたら、

あなたはその差額である10万円を手にすることができるという仕組みです。

これが「差金決済」です。

この仕組みがあるからレバレッジを使うことができるのです。

レバレッジのメリット

レバレッジのメリットは、資金が少なくても大きな取引ができることです。

投資ってお金持ちしかできないイメージを持っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。

スポンサーリンク

一般人でも投資をしている人もいるし、そのためのお金がなかったらレバレッジをかければいいのです。

一般人でも大金を動かせることを考えると夢がありますね。

レバレッジのデメリット

デメリットは、レバレッジをかければかけるほどハイリスクになることです。

例えば、あなたが10万円で200万円のお金を動かした場合、

20万円の利益を得る可能性がある一方で、20万円の損失を出す可能性もあるのです。

あなたは10万円しか持っていないのに20万円の損失をするなんて大変なことになりますよね。

しかし厳密に言うと、自分の持っているお金より大きな損失を出すことはありません。

20万円の損失を出す前に、ロスカットというルールが発生しします。

これは自分の手元にあるお金より大きい損失を出す前に強制決済させる仕組みです。

しかしこれは自分の意図しない決済方法なので、良いことはないでしょう。

まとめると、レバレッジはかければかけるほどハイリスクハイリターンになるということです。

まとめ

以上をまとめると下記のようになります。

まとめ

  • レバレッジをかければ、小さいお金で大きなお金を動かすことができる
  • メリットは、少ない資金で大きなお金を動かすことができること
  • デメリットは、レバレッジを大きくかけるほどハイリスクになること

いかがでしたか?

今回は、「レバレッジの意味とメリット・デメリット」ご紹介しました。

レバレッジはハイリスクハイリターンな方法ですが、それはあなたの使い方次第で変わってきます。

「リスクをどうやって対処するのか?」を考えることが重要です。

その際に知って欲しいのがルールを決めることです。

例えば「プラス20%なら利確、マイナス10%なら損切り」といったようなルールを自分の中で設ければ大損することはありません。

投資をする時、あらかじめ自分の中でルールを決めることはとても重要なことなのです。

以上参考になれば幸いです。

初心者におすすめの資産運用法-種類と特徴も分かりやすく解説-

2017.11.12

損切りできない心理とは?-プロスペクト理論から学ぶ-

2017.09.27
よしお
私はtwitterでも情報発信してるので気軽にフォローしてくださいね。
→よしおのtwitterをフォローする
スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です